豊かな未来をめざし着実に歩み続けるAOI

葵機械工業株式会社
ホーム > 技術・品質情報 > 技術・品質紹介 > 自動車用ボディ関連製品 > 溶接アッセンブリ技術

技術品質情報

自動車用ボディ関連製品

溶接アッセンブリ技術

当社には、フロアパン / ダッシュパネル / サイドインナーパネルアッセンブリといった複雑で部品点数も多く、また精度も求められる大型製品のアッセンブリ技術があります。

フロアパン ダッシュパネル サイドインナーパネルアッセンブリ
1)車両開発段階での図面完成度向上活動

車両開発段階から参画させていただき、試作図を基にしたバーチャルファクトリィで溶接性や組立性を検証します。
短期間で問題点を抽出し、溶接性や組立工程の改善提案活動に積極的に取り組んでいます。

〔バーチャルファクトリィによる工程検討、計画〕

車両開発段階からロボット動作エリア、スポット溶接ガンの姿勢/挿入性を3Dでチェック、3Dにより可視化することで検討精度を向上させて、また最適ロボットの選定/適正配置を実施。

設備発注段階の工程完成度を高めて、生産準備期間の短縮を実現しています。
バーチャルファクトリィの活用事例
ロボット動作エリア検討 溶接ガンのワークエリア検討

複数ロボットラインの工程計画
※「ロボットシミュレーション動画」をご覧いただくにはAdobe社のFlash Player(無料)が必要です。
2)冶具開発
〔ロボット冶具設計〕

冶具設計もバーチャルファクトリィでロボット動作を検証しS.S.C(Simple.Slim.Compact)冶具を開発しています。

溶接ガンのワークスペース・軌跡を検証し、ロボットのエアカット動作を最小化した冶具を設計
〔多品種高効率生産冶具開発〕

冶具事例画像多品種混流生産では仕様ごとに発生する冶具交換時間などがネックとなり生産性がダウンします。
当社では、例えば独自開発した冶具交換構造規格に統一して、スピーディな冶具交換を実現しています。